夫婦それぞれのケンカの仕方 ケンカするなら・・・

〈両親の夫婦喧嘩〉

わたしの両親はわたしが小さいころからケンカばかりでした。

父親は仕事で忙しく疲れていたのでしょうがケンカすると決まって何日も何日も母親のことを無視するのです。

よく大きな声も出していましたし、とにかくよくちゃぶ台返しをしていました。

食事が早く支度できなくて父だけ先に食べてもらっていたらみんなで食べたいと怒って食卓をひっくり返したこともありました。

みんなで食べたいのは本当だったにしてもきっと理由はほかにもあってそれを口実に当たっていたのではないかと思います。

母親は泣いてばかりでした。わたしたち子どももよく泣いていました。

いつか離婚してしまうのではと不安だったり夫婦喧嘩を目の前で繰り広げられる度に辛い想いをしていました。

それは書いてしまえば一言ですが相当な想いです。

父は本当によくこれだけ続けられるなあと感心するくらい長いこと母を無視しました。

母が謝るまで延々と無視し続けるのです。

その間中ずっとわたしたちも不安で辛い想いを強いられました。

わたしたちが大きくなっても夫婦喧嘩はしょっちゅうありました。

そのころは母は少し言い返すようになり、いつも文句ばかり言っていました。

わたしたちが家を出て2人だけになった今でも些細なことで言い争っているようです。

父だけが悪いとは思いませんし、夫婦喧嘩もゼロにするのは無理でしょうし、子どもの前でするなとも言えませんが、もう少しどうにかならなかったのだろうか?

〈わたしと夫の夫婦喧嘩〉

わたしたちもケンカしなくはないです。でも、仲はいいほうだと思います。

何よりわたしたちはケンカを長引かせません。なるべく早くどちらかが謝ります。

謝らなくても、次の日に持ち越したりは絶対にしません。

怒りをいつまでも持ち続けることは自分にとってマイナスにしかなりません。

思いやりを持って相手の立場や気持ちを考えれば相手も同じようにわかってくれるようになります。

わたしと夫は違う考えでどうしても理解しあえないこともあります。

でも、同じ考えにしてと言っても無理なことですし相手の考え方はこうなんだと認めるしかないと思っています。

夫も「わたしはこういう人なんだ」と認めて受け入れてくれています。

〈意味のあるケンカをしたい〉

どうせケンカするなら意味のあるケンカがしたいと思います。

ケンカと言っても要するには話し合いが必要なのだと思います。

なので、ただ罵り合うだけでなく建設的な話し合いが、できるだけ感情的になりすぎずにできるのが一番いいと思います。

ケンカしても仲がいい夫婦はきっとケンカに意味がある、ケンカをして得られる何かがあるからではないでしょうか?

ケンカしていて、どちらかが悪いこともありますが、どちらも悪くないもしくは、そういう問題ではないというケースもたくさんあると思います。

相手を責めるだけのケンカは何も生まないと思います。

こんな気持ちがある、分かってほしい、相手はどう思っているのか?、どうしたらいいだろう?そんないろいろな意思疎通ができるのが、意味のあるケンカだと思います。

〈気持ちの切り替えをしよう〉

ケンカが長引くと嫌な気持ちだし、いろいろなところに弊害がでてきたりしませんか?

「これ以上話してもムダだな・・・」とか楽しくしたい時間なのにケンカになってしまったなんてことがあれば、そんな時はまず距離をとったり時間を少しあけてみる。

その後たとえばお腹がすいていたら一緒にご飯食べようと誘ってみたり、そっと温かい紅茶を差し出してみたり・・・

何か気持ちを切り替える材料をさがしてみるといいですよ。

ちょっとしたやさしい行動で謝らなくても相手も気持ちを切り替えてくれるかもしれません。

応援お願いいたします。↓

      

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。